ホワイトニングは事前チェックが大切

ホワイトニング剤で影響を受けることも

ホワイトニング剤で生じるトラブルとは

歯医者さんやサロン、また国内で市販されているホワイトニング剤は、基本的に大きな影響を与える成分は入っていないとされています。
歯医者さんやサロンで取り扱う薬剤も免許を必要とする薬剤ではあるものの、人体への影響は少ないものが使用されています。
とはいえ、トラブルも全く起きないわけではありません。
歯医者さんやサロンで使う薬剤は、歯茎に当たると知覚過敏を引き起こす可能性があります。
また市販のホワイトニング剤も全ての人がアレルギー反応を起こさないとは限らないのです。
ホワイトニングを行う前の注意点として、まずこうしたトラブルやアレルギー反応が生じる可能性があることを理解することが重要です。
パッチテスト等で自分の身体との反応を確認し、安心面を確認してから行いましょう。

海外製品の取り扱いは特に注意

インターネットなどでホワイトニング剤が販売されていることがあります。
こうした製品を購入し、使用する際には特に注意するべきです。
海外製品の中には、日本では免許を持たない人が取り扱うことが禁じられているものもあります。
また取引することさえ禁じられているという製品もあるのです。
効果が高いという謳い文句に惹かれ安易な気持ちで購入して、後で大きなツケが回ってきたという失敗を経験している人もいるのが現状です。
まずは、安全な薬剤であるのかを確認することが大切です。
ホワイトニング剤の中には成分が問題ないものでも、歯に塗布することで逆効果となる場合があります。
この際には日本の法律で対応できないことがあるため、安全が確認されたホワイトニング剤以外はなるべく手にしないよう注意することも大切です。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top