ホワイトニングは事前チェックが大切

食生活や嗜好品でホワイトニング効果は変わる

ホワイトニングを受けることになった原因

ホワイトニングを受ける際の注意点として、どうしてホワイトニングを受けることとしたのか、その原因について考えてみましょう。
例えば、最近歯の着色汚れが気になるようになった。
笑うと歯に人の視線が集まっているように思えるのでホワイトニングを受けるという場合には日頃の食生活を振り返ってみましょう。
カレーなどの色の強い食事が多いと、歯の着色汚れは進みやすいといわれています。
また喫煙者は、少しずつタールが着色汚れへと変化するともいわれているのです。
ホワイトニングを受けるのは良いことです。
ホワイトニングを受けた後もこれまでと同じ生活であれば、またすぐに着色汚れが目立ってしまう可能性が生じるということでもあります。
普段の生活の改善こそ、白い歯を保つために欠かせない注意点です。

嗜好品も考えてみよう

カレーや喫煙だけではありません。
コーヒーや紅茶などの嗜好品も歯の着色汚れに影響するものです。
友人とのランチ、また仕事の忙しさ等からコーヒーを飲む機会が増えるようになったという場合には、一気に着色汚れが加速することがあります。
こうした嗜好品の場合には無意識に口に入れていることが多いため、愛飲している本人は気が付かないことも多いようです。
ホワイトニングを受ける場合には、まず普段の食生活だけでなく嗜好品に関しても振り返って考えてみることです。
何が着色汚れを発生させたのかを考えてみましょう。
そしてホワイトニングを受けた後にはこうした嗜好品は回数を減らし、着色汚れを生じづらいものに変えてみることが大切です。
せっかくのホワイトニングの効果を下げないためには重要です。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top